治療症例

このページでは、当院で実際に治療した症例の一例を飼い主様にわかりやすく説明させていただいています。 紹介する症例は少しずつ定期的に更新していく予定ですのでご期待ください。

 

歯科治療(歯内療法)

歯科治療患者さんは、5才の柴犬、ひづめを咬んでいたところ歯が折れてしまったという事で来院されました。

 

【診察】

お話を聞くと、今は左側では物を咬めず、歯磨きも嫌がって十分にできないということでした。
神経・血管が含まれている歯髄が露出しています。(露髄)
これは、硬いガムを咬んでいる子に多い、第四前臼歯の平板破折という病気です。

 

【治療プランの提案】

写真は、歯石を除去した後の写真ですので、きれいには見えますが、口腔内には沢山の細菌が存在するのでこのままにしておくと、歯髄の細菌感染、最終的には歯の根っこに膿の塊を作り顔が腫れてしまいます。
なによりも、わんちゃんはしばらく強い痛みを感じることになりますので、治療が必要です。
特に、この歯は物を咬む時に重要な役割を持つ機能歯であり、年齢も若いため「歯を抜く」のではなく「歯を残す」ことが適切な治療方法と考えられます。
この症例では、痛みから解放してあげるために神経を抜き無機物で満たし、塞ぐという方法を選択します。(この治療には高度な技術が必要です。)

 

【治療後写真】

治療後写真

【今後は】

今回、きれいに歯を残すことができましたが、再度硬いガムを与えるとその他の歯も含め削れたり今回のように折れてしまったりするので十分に注意し、きれいで健康な歯を維持するために日頃のオーラルケアに努めていただくように指示しました。

フォントサイズ