治療症例

軟口蓋過長症手術(喉の外科)

患者さんは、9才のパグ、呼吸の音(ゼェ-ゼェ-)を主訴に来院しました。
症状はだいぶ前からあり、今年の夏に散歩中、倒れたとの事でした。

 

【手術前の動画】


【診察】

診察室にて上の動画のような呼吸音が聴取されました。
また、レントゲンを撮影したところ、気道・肺には明らかな異常所見はありませんでしたが、努力性呼吸に伴う胸郭の重度変位を認めました。(呼吸するのが難しく、大きく息を吸ってなんとか肺に空気を入れているような状態が疑われます。)
以上の症状とパグという犬種であることから、短頭種症候群と診断しました。
これは、短頭種と呼ばれる犬種(パグ・フレンチブルドック・ブルドックなど)に発生する病気で、鼻から喉における気道の狭窄に伴う呼吸障害の総称です。主に軟口蓋という喉の部分(簡単に言うと喉ちんこです)が長いために気道がふさがれてしまう事が多く、夏には熱中症につながる可能性があります。

 

【レントゲン所見】

軟口蓋過長症 レントゲン写真

 

【治療プランの提案】

麻酔をかけて、実際に喉の状態を確認する事が重要です。
実際には、この軟口蓋過長症だけが原因とは限らないので、切除だけでは完全には治らないかもしれないが、それでも呼吸状態の改善が望めるので、長いようであれば手術を行うべきですとお話ししました。

 

【治療】

手術は、全身麻酔下にて長くなっている軟口蓋を切除します。
手術部位が腫れないように、出血しないように注意しながら手術を進めていきます。

 

【手術後の動画】


【今後は】

今回の手術により、呼吸状態は改善されました。
平常時は問題ありませんが、暑い時期の散歩には十分に注意して頂くように指示しました。

フォントサイズ