治療症例

整形外科疾患(股関節脱臼)

患者さんは、7才のトイ・プードル。
お散歩中に左うしろ足を踏んでから、びっこをひくという事で来院されました。

7才のトイ・プードル

 

【診察】

歩行検査では、左後肢は全く接地できない状態でした。
触診では、左後肢の可動域の低下、股関節の変位を認めました。
また、静止時に上記のような股関節脱臼に典型的な姿勢が観察されました。
レントゲン検査で左後肢の股関節脱臼を認めました。(頭背側方向)

股関節脱臼 レントゲン写真

 

【治療・経過】

股関節脱臼の治療には大きく分けて、整復した後に包帯固定する方法と手術する方法の2種類があります。
手術しない方法は、侵襲が少ない分50%ほど再脱臼をしてしまうというお話をしたうえで、飼い主様は手術をしない方法を選択されました。
全身麻酔下にて整復して包帯固定し、自宅での安静を指示しお返ししました。
数日後の定期検診にて、再脱臼が確認されたため外科手術による股関節の再固定(経股関節ピンニング法)を行いました。
術後の経過は良好でピンを抜いた現在も歩行状態は正常です。

治療後 レントゲン写真

 

【今後は】

リハビリにより股関節を支える筋肉を強化し、再脱臼しないように努めていただいています。

フォントサイズ